2022/11/03

CSMD001ウェブ販売開始

RENDOから新しいラインTEP_P(テップ)がスタートしました。ちょっと待てとTEP_Pってなんだよと言う方々お気持ちお察しいたします。TEP_PよりCSMD001がリリースされ突然ショップに並びもう半年を過ぎようとしております。本日はこの商品について詳しくお伝えしていこうと思います。

コロナウィルスが蔓延する中、皆様の生活様式が大きく変化しそれに伴い、お客様の革靴(RENDOの靴グッドイヤーウェルト製法の靴)との付き合い方も変化してきているのでは?と皆様と何気ない会話から感じることがあります。特によく耳にしたのが「最近革靴履いてないよ」本当に私達にとってはつらいお言葉ではありますがこれが現実。そんな中で、あるお客様の一言で私の頭が動き出しました。「何か柔らかい靴、RENDOで作ってよ。コンビニ行くときに革靴履くの面倒だからさ」度重なる緊急事態宣言、リモートワークの影響でちょっとそこまで行くときに何を履けば良いんだ?と言うお悩みでした。またそれとは別で以前から自分自身の休日に履く靴をつくりたいな。そろそろモンベルのビーサンを卒業したいなと思っていたところでもあったのでこれはやるしかないと企画はゆっくりではありますが動き出しました。


20221103124005-ebb9fc204565d7956dc2688e2210c23284f03d8c.jpg

20221103124404-3e0f8ce1c1ca68e8cc2b4cfca4b9fc99a48e1606.jpg

20221103192431-c64cfb53212e85677efd9137fc7401b2386a31af.jpg

企画がスタートした段階では脱ぎ履きが簡単なスリッパのようなイメージが頭の中にあって、昨今のグルカ
サンダルのブームに私の頭の中はポゼッション65%ぐらいに押され気味。スリッパやサンダルっぽいものばかりイメージしていたのですが、ある時昭和生まれの私にとっては懐かしい、カンフーシューズを履いている人を見た時、あのなんとも言えない薄ぺらい布だけで足を包んでいる感じって良いよなと。普段RENDOで作っている時とは全く逆の方向のイメージが湧いてきました。そして、ここ数年来店される方の足元でよく目にするチロリアンシューズ。あれをRENDOでやってしまうとRENDOまたかよ?的な感じが出ていけないので、今回は
ちょっと違う感じのアプローチで作れるのは良いなと。頭の中では柔らかいチロリアンシューズ、これはいいじゃない◎本来は山を登る目的の靴を全く逆の目的で作る。これはなかなか面白いのでは?そんなノリだったと記憶してます。

靴を製作する上でラスト(靴型)というのは足入れ感や成形の意味で大きな部分を占めます。私達も日頃RENDOはラストが良いとごく一部の方々にお褒めのお言葉を頂戴したりする事はありますが、この靴は生産の時にラストを使用せず生産すると言った何それって?な感じで生産しております。では靴として成り立つのかと言う疑問が起こりますが、靴のパターンをおこす際にラストを使用しているので出来上がったものは革でできた袋というよりは靴に近い形として成り立っています。

靴のシルエットも古いチロル地方の民族靴みたいなラストからパターンをおこし、モカシンのデザインを採用したことも良い方に働き、出来上がったアッパーには立体感が生まれ、見た目はこれがなかなか革靴として成り立っています。

そしてもう一つこの企画を推し進めるきっかけとなったのは、この白の型押しの革との出会いです。革の卸業者さんが何気なく持って来たイタリアのFAEDA社のDOLLARO(ドラーロ)の見本帳。その白の型押しを見たときにもうすでにモカシンを作りたい気分になってしまったことが大きなきっかけでした。白い革の色って実はものすごい種類があると思っていて、良いなと思うものになかなか出会えなかったりします。日本のタンナーさんが悪いと言うわけではなく。あの色味は間違いなく私のどストライクでした。

20221103124455-01f4c2da6c46117acf11409581f5f05ed3265d9a.jpg20221103124409-ffc9080f79c3b92619627eedfc57b8b1e1a75e72.jpg20221103124409-031ac17c1e3a08f5e5099bcc18dee587a62ee3c7.jpg20221103124401-bc5e28a7ba827f9fc1cfd3b2e9eb5ae967a1b49d.jpg20221103124351-d1f2795703cb8c1cce5d244d8bba6287410afadb.jpg

自分用に半年ほど使用してみたのですが、やはり革の伸びはありフィット感はすこしづつ変わってきます。
1年後にインソックをいれて調整してみても良いかなと思ったりもしています。しかしこの着脱のしやすさは一度はまると病みつきで、子育てを一生懸命しているつもりでいるお父さん一年生の私や靴の脱ぎ履きの多いカメラマンにはもってこいです。(ユーザー談)
サイズ感は私RENDOのLAST770、GBはサイズ9.5(27.5cm相当)を使用しておりますが、サイズ7(27cm)で良い感じです。ミッドソールに牛革を使用しているのでソールが減った時にはソールの交換も可能です。
ちょっとそこまで行く靴として生まれたCSMD001
長時間の歩行は厳禁です。あくまでもちょっとだけ。
長時間の歩行はRENDOをご利用ください。

本日よりウェブショップにて販売開始です。
https://shop.rendo-shoes.jp/index.php?route=product/product&product_id=91


TEP_P  CSMD001

製法_ステッチダウン 

素材_牛革  ソール_EVA(Vibram)

COLOR_WHITE / BLACK

SIZE_2 3 4 5 6 7

33,000 Tax in (30,000)