JAPANESE ENGLISH
2018/12/30

年末のご挨拶と年始の営業について

2018年も残すところ後2

本年も多くの方々にお会いでき充実した一年となりました。

まずは1年を振り返る前に

年始の営業のご連絡を

2019年のスタートは

1/6() 13時より営業開始となります。

皆さまのお越しをお待ちしております。

さてRENDOのこの1年を振り返ってみると

例えば何か印象的な出来事はありますか?と質問されたなら

真っ先にに頭に浮かぶものが2つあります。

まずは新しい靴型845をようやくリリース出来た事

もう一つは広島92でオーダー会を開催出来た事だと思います

まずは845について

845に関してはオープンして1年ぐらいした頃から、通常の770靴型より細いモデルが必要性を感じてました。多くの方に今より細いモデルを開発中ですとお伝えしていましたが、実際なかなかリリースできなく、危うくやるやる詐欺になりそうなところでした

そして時は過ぎオープンしてから4年目の春、ようやく皆様にお届けする事ができるようになりました

いままでは足にフィットしないために購入を諦めて頂いた方

通常モデルの770をサイズダウンしてなんとかを履いて頂いていた方、本当に申し訳ない気持ちで一杯でした

845をリリースした事で少しでも足に合っているという感覚を提供できたでは?と思っております。

ただいまオーダーのみの受付ですが既製品も計画中ですので

もう少々お待ち下さい。

そしてもう一つは92(靴磨き店)のオーナー安部氏との出会いです

私達にとってオーダー会を東京、横浜以外で出来たことは大きな前進となりました。

92を知ったのは昨年、2017年に浅草のお店に広島からいらっしゃったお客さまが教えてくれた事がきっかけでした。

漠然と広島にもカウンタースタイルの靴磨き店があるんだという程度でした

そして別の新規のお客さまが来店した際にご来店のきっかけを伺うと、

なんとこちらもまた92の安部氏の紹介でということでした

そういうことが数件あり、そのうちのお客様のひとり方とのやりとりの中で、東京以外でもオーダー会

やりたいんですよねとなんとなく言ってみると、

こちらの方、安部氏にその場ですぐに連絡を取っていただき私がオーダー会を開催したい旨を伝えてく

ださいました。

しかし始めはスムーズでしたが、私のフットワークが重い事も災いし話は一向に進行せずにいました

年も明け20181月のある日曜の夕方私が一人でお店番をしていると、スーツをビシッと決めた紳士が

お店に入ってくるなり92の安部ですと

そこで初対面、5分後にはスケジュール帳開いてオーダー会いつにしますかと打ち合わせ

4月にはオーダー会を開催したのは今では懐かしい思い出です。

少し話が長くなりましたした、どうしてこのエピソードが印象的だったかというと、

そのきっかけがお客様発進だったこと

RENDO自体口コミでいらっしゃるお客様は非常に多いです

皆様に支えられてブランドが大きくなっていっていると日々感じます

この出来事をきっかけにそれまでは自ら商品を届ける事だけが全てで

他にはないという頑固なこだわりも薄れてきて

自分たち以外の方々もRENDOの思いをお客様にお届けする事ができるし

うちの商品を可愛がってくれるのではと考えるようになりました。

その流れで、東京ではこの夏から駅ナカのブリフトスタンドで販売も開始しました

また2019年には92での本格的な販売も安部氏と考えております

そして広島のみなさまお待たせしたました。2月には2回目となる広島でのオーダー会も開催予定です。

こう一年を振り返りながら濃い一年だったなとつくづく思います。

気がつけば201312月に始まったRENDOは丸5年です。

小学校なら来年卒業かと感傷的になりながらキーボードを叩いております。

皆様に支えられながら6年目のスタートを来年1/6から切りたいと思います。

来年やりたいことは沢山ありますがそれはまた来年書くとして、今日はここら辺で

みなさま今後とも宜しくお願い申し上げます。

良いお年をお迎えください。

RENDO 代表

吉見 鉄平